金額や今後

ワークフローの料金は月額1万円からとなっているところが多いです。 また、パッケージはシステムのソフトを購入してから、会社のサーバーにインストールするものです。 これもシステムによって価格が違っていて、あるソフトは60万円から90万円で購入することも出来ます。 他に、オンプレミスというのもあり、システム会社のサーバーを借りて自社で管理しますが、これは月額で1アカウント1,000円程度です。 ワークフローでは、サポート料金や連携設定システムなどもあるので、それを導入するかによっても費用は違ってきます。

ワークフローの歴史は現代になって登場したもので、仕事の性質を研究して価値を生み出し、組織をよりよく機能させる考え方はアダム・スミスを起源とした思考といわれています。 情報の時代といわれた1990年から2002年代では、情報のフローの低コスト性と適用性によって、ワークフローの高度な合理化を瞬時に達成を可能にし、高度な柔軟性と適用性、反応性を持たせることが出来るようになりました。 ここから、ワークフローは変遷して、製造業やサービス業、情報処理などにも適用されて、多品種少量生産などにも利用されていきます。 近年は仮想ワークフローの時代と呼ばれていて、合理的で柔軟で国際化に対応可能で、人間の可能性を充分に生かす新たな作業モデルの開発という問題が上がっています。 中でも、オープンソースコミュニティで育ってきた、無政府主義的なシステムに対する考察は重要となっています。