リスク

倒産リスクという言葉がありますが、これは投資を行う場合に投資した資金の安全の程度を管理するために使用される概念です。銀行預金とは異なり企業や団体への投資、貸付の場合にはその企業や団体が破産してしまえば返済してもらうことが困難になってしまいます。その様な事態に陥るリスクが倒産リスクであり、これが高い企業や団体の場合には金利を高くして資金を集めると言う方法を採用することが多くなっています。 倒産リスクに応じた金利を支払うことで初めて投資資金を集めることができると言うのが債権の世界のルールとでもいえる様な存在となっているのです。債券発行時の金利は発行側が決めますが、売れ残る可能性のない金利に設定することが極めて重要であると言えます。

ある企業や団体が倒産するかどうかを正確に知ることは極めて困難であると言えます。何処から見ても正常な経営を行っていた企業がある日突然経営難に陥ってしまうこともあれば、いつ潰れてもおかしくないと思われていた企業が大発明によって急成長することも珍しくないのです。その様な中で倒産リスクを正確に把握することは難しい事であると言えるでしょう。 しかし投資をしたり債券を購入するのであれば財務諸表などの資料を見ることが出来るようになっておくことは必要最低限の情報を得るためのテクニックであると言えます。その様な資料の中から自分なりの倒産リスクを算定し、それが金利に見合っているか、株価に見合っているかを考えて行動することが求められています。